脂性肌を改善するニキビケアを頑張ってみる

脂性肌を改善するニキビケアを頑張ってみる

脂性肌の私は汗をかく季節になると毎年のようにニキビケアに悩まされています。

 

毛穴から分泌された皮脂と顔にかく汗によって、ニキビ出来やすい肌環境を作り出しているのかもしれません。

 

なので毎年、この季節になるとニキビケアに対してかなり神経質になってしまいます。

 

他の季節に比べると洗顔にかける時間は確実に長くなっているはずです。

 

特に私の場合は脂性肌ということもあり、ニキビが目立つ場所にできてしまうのが問題です。

 

中でもよくできるのが目尻の下と顎のあたりでしょうか。

 

その部分を意識し、念入りに洗顔をしてニキビケアをしているつもりでも、同じ場所にできてしまうのです。

 

これは本格的に肌質を改善したほうがニキビケアの効果が上がりそうな気がしますね。

 

調べた感じだと、肌質の改善にはやはり化粧水を替えるのが一番効果があるとありました。

 

その中でも、脂性肌には保湿と皮脂分泌の抑制が効果が化粧水がオススメのようですね。

 

この効果がある成分を含んだ化粧水を使い続けることで、時間をかけて肌質を改善するのが最適な手段なのでしょう。

 

夏が終わってニキビケアから開放されると安心せずに、来年の夏に向けて積極的に肌質改善を行ってみようと思います。

 

これからの季節は来年のニキビケアを楽にするための戦いに突入です。

ニキビケアには免疫力を高めてホルモンバランスの正常化を!

 

ニキビはある日突然に出来たように思ってしまいますが、実は少しずつ体の体内バランスが崩れていくことでも発症します。

 

ニキビケアにはホルモンバランスを整えたり免疫力を高めることが必要です。

 

ストレスや睡眠不足でよくニキビは出来ますが、それらがお肌のバランスも崩してしまうとニキビにつながります。

 

まずは生活習慣の見直しから始めましょう。

 

ちょっとした疲れやストレスが気付かないうちに蓄積していくと、知らない間にニキビができたような感覚になります。

 

また平日は睡眠が十分にとれないので休みの日に寝だめしていますと言う話もよく耳にしますが、基本的に睡眠は毎日規則正しく取らなければ意味がないのです。

 

ホルモンバランスを整えるためには毎日決まった時間に眠りにつくような習慣を作ることが大切です。

 

ホルモンバランスは体内時計をもとにして働いているので、体内時計が狂うと免疫力も落ちてしまうのです。

 

免疫力を上げる為に腸の働きを良くすることが効果的です。

 

便秘であったり下痢気味であったり、いつも腸の調子が悪いと感じる方は、これを機会に腸活して見てはいかがでしょうか。

 

栄養を吸収してくれるのが腸の働きなので、ニキビケアには腸内環境を正常にすることが大切です。